丸いシャンデリア

postheadericon ランプの歴史と今後

ランプは、古代から人々によって使われてきた照明器具です。油やガスを燃料に使い、柔らかい光が特徴的です。

近代化によって、電気の利用が増えたため、蛍光灯が用いられるようになってきましたが、最近、おしゃれなインテリアの一つとして再び注目が上がっています。

特に透明なガラス容器の中にカラフルな色や香りのするオイルを入れたオイルランプは、女性達の間でリラックスするアイテムとして人気があり、雑誌などでも取り上げられています。

ランプの人気
ランプとは今ではとても人気の照明として多くの人に利用されています。

部屋の雰囲気を作ることができるようになりますので、好みの部屋の雰囲気に合わせた物を選ぶことができるようになっており、オシャレなアイテムとしても人気となっています。

とても明るい物もありますので、お部屋を明るく照らすアイテムとして、部屋の雰囲気を作るオシャレなアイテムとしても楽しむことができるようになっており、多くの人から人気となっています。

屋敷のシャンデリア

postheadericon ランプとは

ランプとは火や電気、発光体などを用いて屋内や屋外を明るくするための機材を指します。

シャンデリアなどのように装飾的な効果を持ったものや、照明として暗い場所を照らすことを最優先に考えたものなど様々なものがあるので目的に合わせて選ぶことが基本です。明るさのほかにも色温度など雰囲気に対して大きく影響する要素があるため、設置場所によって選択していけるようにすることがよりよい明かりを得るためには大事になります。

シャンデリアやランプなど、照明のチカラで部屋を変える
照明には様々な種類がありますが、よくイメージされるのは、居間にシャンデリア、枕元にランプというコーディネートです。たしかにセオリーであり、落ち着いた居住空間を作ることが可能ですが、ときには照明を入れ替えるのも、日々の生活のアクセントとして有効です。寝室に、豪華なものを飾ったり、居間を落ち着いた雰囲気の光で照らすことで、気軽にコーディネートチェンジをすることができます。

あかりを変えるだけでも、部屋の雰囲気は大きく変わるので、気軽に取り組み、大きな結果が得られるといえます。

カラーシャンデリア

postheadericon 照明の概要

照明とは、光をつかって場所を明るくすること、またその光源のことです。明りのないくらい場所を明るくするもの以外に、舞台上や撮影に用いられる演出上のものもあります。

暗い場所を明るくし、視環境をよくするために用いられる照明は住居にも必需品です。天井にとりつけるものにはシャンデリアやシーリングライト、また、他にもランプやスタンドライトなど種類もたくさんあり、光の色なども考慮に入れ、インテリアの重要な要素となっています。

照明のこれから
広間を照らすにはシャンデリア、手近なところはランプを使用するなど照明の種類は多岐にわたります。

もともとは油に浸した灯心に火をつけた簡素な造りでしたが、当然、照らされる範囲はごく狭く時間もさほどもちません。しかし、時代の移り変わりとともに、より広く長く明りが届くようになり、それだけでなく明りの強さや色を変えることもできるのです。

現在、普及している多くの明りは点発光です。ろうそくや電球は一か所のみ明るくなりますが、面でより広く発光させる技術もでてきているようです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930